施工管理の仕事に転職したら給料はどのくらい?

施工管理の仕事は給料がどのくらいか知っていますか?

転職をするなら給料を上げたいですよね。

今の職種によっては転職をしない方が良いかもしれないし、転職をした方が良いかもしれません。

転職してしまう前に施工管理の給料に知っておきましょう。

◎平均年収は400万円から500万円

施工管理の平均年収は400万円から500万円と言われています。

しかし、細かな仕事内容や年齢、実務経験の有無、資格の有無で変わってきます。

最も年収が多いと言われている年齢は50代です。

早めに転職して年収を徐々に上げて貰うのも良いでしょう。

最初は400万円前後でも現場を1人で切り盛りできるようになれば600万円以上の収入も期待出来ます。

◎資格を取得すると年収が上がる。

施工管理の仕事に転職したばかりでも平均以上の年収を貰う方法があります。

それは資格を取ることです。

「施工管理技士」という資格を持っていると年収が上乗せされます。

資格を持っている人の中には年収1000万円以上の方もいます。

また、施工管理の仕事に転職するときも資格があることで有利となり、年収以外でもより良い条件の職場が見つかる可能性もあります。

◎余裕があるなら資格取得を目指すのもあり。

施工管理技士は一般的な仕事よりもやや年収が高めか同じくらいです。

しかし、資格を持っていることで年収を少し増やすことが可能です。

今の生活に余裕があり実務経験があるなら、資格取得も視野に入れるといいでしょう。

年収が増える上転職活動が有利になります。