施工管理に転職したい!残業はあるの?頻度はどのくらい?

どんな仕事をしていても残業はなるべくしたくありませんよね。

時間内に終わらせて、就業後は美味しいものを食べて家でゆっくりしたいものです。

施工管理の仕事は残業があるのでしょうか?

転職を視野に入れているなら、残業の有無も知っておいて損はないでしょう。

※作業環境改善の試み:https://www.agara.co.jp/article/83522

◎施工管理の仕事に残業はつきもの

施工管理は「残業が多い」と言われている仕事です。

施工管理は天候に左右されやすく、雨風の強い日は作業が出来ません。

そのため、天気の良い日に遅れを取り戻すべく、残業をしてでも作業をしないといけないのです。

また、日中は現場で作業をしているため書類整理などのデスクワークを日没後、つまり残業として行う必要があります。

主にこの2点から施工管理の仕事には残業がつきものと言われているのです。

◎働き方改革で残業が減る予定

昨今出てきた「働き方改革」のおかげでどの業界でも残業をなくそうと行動されています。

施工管理の仕事も、この働き方改革の影響で残業が減る予定です。

しかし、あくまで予定なのでいつ頃減ってきて結果どのくらいの残業時間になるかはわかっていません。

◎残業に関しては今後に期待

働き方改革のおかげで残業が減ってきてはいますが、施工管理の世界ではまだ浸透していません。

派遣社員として働いたり地方で働いたりすれば残業が少ないと言われています。

残業はありますが、その分やりがいのある仕事ではあります。

何を重視して転職活動するかは人それぞれです。

今一度、自分の重視する点や条件を見直してみてはいかがでしょうか?

この記事は施工管理の仕事事情に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。