施工管理ってどんな仕事内容?未経験だけど転職したい!

「施工管理の仕事に転職したい」という方は具体的にどのような仕事があるか知っていますか?

施工管理の仕事は現場での作業だけではありません。

大きくわけて2つある仕事内容を紹介します。

◎現場の作業とデスクワークの2種類

施工管理の仕事は主に2つあります。

工程や安全を管理する現場での作業と品質や原価の管理をする室内作業です。

社員が多数いる大手企業の場合はどちらかを任されるでしょう。

しかし、昨今の人手不足の影響でほとんどの場合どちらもやらなくてはいけません。

「現場作業だけがいい」「デスクワークだけやっていたい」と希望がある場合は、転職前に仕事の詳細を確認しましょう。

◎長年勤める予定なら資格取得も視野にいれよう

現場作業と室内作業で年収が大きく変わることはありません。

しかし、どの仕事をすることになっても長年勤めるなら資格取得することをオススメします。

資格を入手することで年収が上がるので、生涯受け取れる給与が増えるのです。

未経験で転職をしても、実務経験を積めば資格取得のための受験資格が貰えます。

◎未経験・資格なしでも働ける

施工管理の仕事は未経験、資格なしでも働ける仕事です。

現在の職種がまったく異なるものでも、転職活動を頑張れば施工管理の仕事をすることが出来ます。

施工管理の仕事が気になるのでしたら、会社のホームページなどを参考に雰囲気を確認してみてください。

転職後、仕事内容が気に入り長く勤める予定でしたら資格取得を視野に入れるのも良いでしょう。

この記事は施工管理への転職はしやすい?に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。