施工管理の仕事の男女比は?転職前に知りたい!

転職活動の際になんとなく気になるのが男女比です。

「同性または異性が苦手で絶対に一緒に働きたくない!」という人以外はそれほど気にならないでしょう。

実際、施工管理の仕事の男女比はどのような感じなのでしょうか?

◎施工管理の仕事は男性が圧倒的に多い

施工管理の仕事の男女比は男が95%を占めていると言われています。

男性が多いイメージを抱く人は多いと思いますが、想像以上に男性の割合が高いのです。

力が必要だったり危険な現場であったりするので、身体的に女性が入りにくいというのが理由と言われています。

また、男性が多いイメージがついてしまっているので女性が入社・転職しにくい点が理由とも言われています。

◎女性社員も増えてきている

施工管理の仕事は女性の割合がたったの5%ですが、少しずつ女性社員が増えてきています。

しかし、現場で作業する女性は5%の中でも極わずかです。

貴重な女性社員もほとんどは室内で行うデスクワークを担当しているケースが多いです。

施工管理の現場で働きたい女性は転職活動の際アピールすると聞き入れてくれる会社が出てくるかもしれません。

◎建設業界全体で女性の入社率は上がってきている

施工管理のみならず、建設業界全体で女性の入社率は上がってきています。

建設の仕事=男性という式が崩れてきているようですね。

現在、貴重な女性社員のほとんどは事務作業をしています。

しかし、近い将来現場で働く女性がもっと増えるかもしれません。

この記事は施工管理の仕事事情に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。